無料相談 無料相談 友達追加
運営:社会保険労務士法人ミライズ (NPO法人 障害年金・雇用サポート協会) ミライズ障害年金センター
面談をご希望の方はお電話下さい。
受付時間 10:00〜18:00 時間外や土日祝年始年末もメール、ラインでお問合せ
menu

眼(視力・視野)の障害認定基準

眼の障害は、主に視力・視野障害について次の基準によって1級~3級が決まります。(令和4年1月改正版)

1級 ・両眼の視力がそれぞれ 0.03 以下のもの

・一眼の視力が 0.04、他眼の視力が手動弁以下のもの

・ゴールドマン型視野計による測定の結果、両眼のI/4
視標による周辺視野角度の和がそれぞれ 80 度以下かつ
I/2視標による両眼中心視野角度が 28 度以下のもの

・自動視野計による測定の結果、両眼開放視認点数が 70
点以下かつ両眼中心視野視認点数が 20 点以下のもの

2級 ・両眼の視力がそれぞれ 0.07 以下のもの

・一眼の視力が 0.08、他眼の視力が手動弁以下のもの

・ゴールドマン型視野計による測定の結果、両眼のI/4
視標による周辺視野角度の和がそれぞれ 80 度以下かつ
I/2視標による両眼中心視野角度が 56 度以下のもの

・自動視野計による測定の結果、両眼開放視認点数が 70
点以下かつ両眼中心視野視認点数が 40 点以下のもの

・身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態
であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生
活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの

3級 ・両眼の視力がそれぞれ 0.1 以下に減じたもの

・ゴールドマン型視野計による測定の結果、両眼のI/4
視標による周辺視野角度の和がそれぞれ 80 度以下に減
じたもの

・自動視野計による測定の結果、両眼開放視認点数が 70
点以下に減じたもの

補足

  • 視力の数値は、屈折異常のあるものは、眼科的に最も適正な常用し得る矯正眼鏡またはコンタクトレンズによって得られた矯正視力による数値、眼内レンズを挿入したものについては挿入後の矯正視力による数値により認定されます
  • 矯正が不可能なものについては、裸眼視力により認定されます
  • 両眼の視力とは、両眼視によって得られた視力ではなく、左右の視力を別々に測定したものをいいます
  • 視力障害と視野障害が併存する場合は、併合認定されます

少しでも障害年金に該当する可能性があると思いになった方は、専門家による障害年金受給診断チェックを申し込まれることをお勧めします。
障害年金受給診断は無料で行なっております。

障害年金無料相談受付中
icon-tel 0120-980-524

受付時間 10:00〜18:00
土日祝は応相談

受給判定
障害年金無料相談受付中

受給事例